メール文例:5W1Hで確認する

統計学セミナー

メール文例:5W1Hで確認する

 

メール文例:5W1Hで確認する

 

5W1H (Who、 What. When、 Where、 Why、 How)の何かが抜けて、必盟な用件が伝わらないようでは困ります。受信者が迷ったり、確認や質問のメールを何度も出さないと話が進まないのでは、効率が悪くなります。
一般に送信した途端、取り消しや修正はできません。5W1Hによる情報漏れのチェックと、間違いがないかどうかのチェックを送信する前に確実に行いましょう。 誤解を招く表現や感情的な表?にも注怠が必要です。いったん保存して見直すとミスが減ります。
アドレスも、1字違っているだけでメールは届きません。戻ってくれば送信し直すこともできますが、その1字違いのアドレスが存在したとしたら、全く関係のない人に送信されてしまいます。それが元で、トラブルが起こるかもしれません。入力し終わってから、必ずもう一度確認しましょう。

 

統計学セミナー

メール文例:5W1Hで確認する 関連ページ

メール文例:視点を変える
メール文例:1往復半のルール
メール文例:電子メールの主な要素を知る
メール文例:Subject (表題)は短く具体的に
メール文例:チェインレターは転送しない
メール文例:読み手は誰かを常に考える
メール文例:全体の主題から外れない
メール文例:前文・末文は簡潔に書く
メール文例:メールの内容にふさわしい表現
メール文例:半角カタカナ外字は使わない
メール文例:こまめに返事を出そう
メール文例:記述の順序を考える
メール文例:テキス卜以外のデータの送り方
メール文例:異質な情報を分離する
メール文例:段落を意識する
メール文例:主題は一つに限定する
メール文例:段落の主題は冒頭で
メール文例:段落は小さめに
メール文例:長文には小見出しを
メール文例:長文メールは最初に概要・目的を
メール文例:どこから本題かを示す
メール文例:見出しの階層は浅く
メール文例:かなと漢字の認識
メール文例:50字以内が目安
メール文例:不要な接続詞は省く
メール文例:不要な諸句は削る
メール文例:不要な修飾語は削る
メール文例:能動態で書くのが原則
メール文例:読点は少し多めに
メール文例:主部と述部を近づける
メール文例:できるだけ肯定文で
メール文例:具体的に書く
メール文例:返信しやすいように書く
メール文例:引用は過不足なく
メール文例:勝手に引用文の内容を変えない
メール文例:引用文と返信文の対応に空白行を
メール文例:引用を予測して段落を分ける
メール文例:引用を何度も繰り返さない
メール文例:魅力のある小見出しに
メール文例:転送するときは断わり書きを入れる
メール文例:段落に記号を付けて区別する
メール文例:必要な情報不必要な情報
メール文例:順序が重要でない箇条書きには記号を
メール文例:順序がある箇条書きには番号を
メール文例:コロン(:)を使って簡潔に

HOME プロフィール お問い合わせ