帯広駅

統計学セミナー

帯広


1883年(明治16年)5月、静岡県出身の依田勉三率いる晩成社一行が入植した。帯広の開拓は晩成社はじめ、富山・岐阜など本州からの民間開拓移民によって進められたが、1903年(明治36年)の帯広監獄の設置に伴って急速に市街地が形成された。
十勝地方の中心都市であり、農業を基幹産業とした十勝の農産物集積地となっている。また、食料品加工や地元の資源を活かした製造業も盛んである。明治時代に農耕馬を競争させたことから生まれたばんえい競馬は、唯一帯広市で開催している。2008年(平成20年)には国の「都市と暮らしの発展プラン」に位置づけられている「環境モデル都市」に認定されており、低炭素社会の実現に向けて取り組んでいる。

 

帯広駅周辺のビジネスホテルの情報はこちら
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
帯広駅ホテル当日予約

 

統計学セミナー

帯広駅 関連ページ

旭川駅
札幌駅
函館駅
青森駅

HOME プロフィール お問い合わせ